楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪ベイエリアの拠点に アートホテル大阪ベイタワー

大阪市港区弁天町に3月29日、「アートホテル大阪ベイタワー」がリブランドオープンした。旧ホテル大阪ベイタワーで、3月27日にOAK200から「OSAKABAY TOWER(大阪ベイタワー)」に名称変更した複合商業施設の核施設となる。

旧OAK200は大阪市が弁天町周辺の市有地約3ヘクタールを再開発し、1993年に開業。高層ホテルやオフィス、医療施設やスポーツ施設、マンションなどが整備された。その後景気低迷などで経営状況が悪化し、2015年の競争入札で、米国の投資会社で17年にソフトバンクグループの子会社になったフォートレス・インベストメント・グループが取得した。

ここ数年、大阪市は急増するインバウンド景気で活況を帯びている。大阪ベイエリアも、万博誘致や統合型リゾート(IR)の推進など、集客に好条件が揃いつつある。そのような背景を鑑み、観光を切り口に新たなまちづくりに取り組んだもので、その第1弾がホテルとなる。

運営は全国で85棟、5ホテルブランドを展開するマイステイズ・ホテル・マネジメント(本社・東京都)が担当。「アートホテル」は6軒目で、旗艦ホテルとなる…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2018年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

旅で四国を元気に!高知編

四国特集第3弾は高知県。明治維新の節目を機とするゴールデンイヤーがいよいよ大団円を迎え、次なる...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ