楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

再始動 前向きに勘を取り戻そう

日本全国、緊急事態宣言が解除されていくにつれ、休んでいた店舗も少しずつ再開しています。ひと時を思えば、道を歩く人の数も増えてきましたね。

誰もが予想を超える打撃を受けた今回の新型コロナウイルス感染拡大ですが、復活の兆しが見えてきただけでも心はかなり救われます。私のいる温泉街を見ても、これまで見たことのないような人のいない日々が続き、やっといま観光客が歩いている光景を見ると改めてお客様のありがたさを思い知らされます。

ただ、再開できたからといって、これまで通りというわけにはいきません。サービスの仕方、料理の提供の仕方など、これまでとは異なるやり方が必要です。

今、求められていることは「安心・安全な空間」です。不安にさせてしまうような環境、対応もいけませんし、間違ったやり方によって反対に居心地を悪くしてしまってもいけません。自分の旅館ホテルに必要な新しいやり方を考え、従業員全員に熟知させていかなければいけませんね。

4、5月は、どの旅館ホテルも休館を余儀なくされたところがほとんどでしょう。普段できないところを修復・清掃・整理したり、仕出し弁当などの販売をされているところもありました。

私の旅館でも鍋セットや棒寿司の販売をさせていただき、とても好評でした。5月16日からは宿泊利用も何とか再開させていただきましたが、まだ「緊急事態宣言解除とはいっても旅行をするのは…」とお考えの方々も多く、行かずとも当館の味を楽しめるよう、この販売を続けております。

また、これまでにお世話になった顧客様へのお誕生日お祝いとして、当館の名物商品をお送りいたしました。普段はお誕生月限定の特別宿泊プランをお葉書でご案内しているのみですが、今回はその代わりに当館名物の味をご自宅にお届けし、当館を思い出してもらおうという試みです。これはたいへん喜ばれました…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2020年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ