楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京町家のイメージで“京感” クロスホテル京都

京都を代表する繁華街の河原町三条に9月25日、オリックスグループが「クロスホテル京都」を開業した。「クロスホテル」は同グループのホテルブランドで札幌、大阪に次いで3軒目。

旧京劇ドリーム跡地の敷地約2176平方メートルに地上9階建て、延床面積約1万4309平方メートル。客室数301室にレストラン1カ所というシンプルな構成。運営はクロスホテルズ(東京都)が担当する。

ホテルのコンセプトは「カジュアルラグジュアリー」に設定。世界中から訪れるゲストに、洗練された空間と心地よいサービスで気軽にゆっくり過ごしてもらおうという思いからきた。

外観は京町家の格子をイメージし、ガラスのパネルを用いて和の趣を演出。エントランスを入ると、右手にレストラン、左手がロビーラウンジとなる。ラウンジは伝統的な京町家の「奥座敷」と捉え、現代的な土間や木の格子を取り入れて和の空間を創造。宿泊客専用で無料WiFi、無料のコーヒーなどを用意し、宿泊客のくつろぎの場とする。庭には、同地が江戸時代に高瀬川を行き交う材木運搬の船の舟入の場所だったということで、舟入のモニュメントが設置されている…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2018年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ