楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ハイテクとソフトをマッチ 変なホテル大阪心斎橋

ロボットを導入し、生産性向上世界一を目指す「変なホテル大阪 心斎橋」が2月1日、大阪市中央区に開業した。

2015年に長崎に第1号店を開業して以来、昨今のインバウンド需要の勢いにのってか、出店を加速化。今回で東京や千葉、福岡などに続き11店舗目となる。今年は▽西心斎橋(100室)▽京都八条口駅前(98室予定)▽関西空港(仮、100室予定)▽石川金沢(131室予定)▽浅草(仮、225室予定)が予定されており、ますますその勢力が拡大する。

心斎橋は、大阪メトロ御堂筋線・心斎橋駅から徒歩約3分という大阪・ミナミの繁華街の中心部に立地。地上11階建て、客室数90室、レストラン1カ所を備える。

ホテル全体のデザインは店舗・空間デザイナーの橋本夕起夫デザインスタジオ(東京)が担当。「ロボットによるおもてなしと有機的な『癒し』の空間で包み込む」を基本コンセプトにヒューマンタッチをキーワードとし、「葉」「木」「石」を連想させる素材と色彩でまとめた。インバウンド需要が増大していることで日本文化の発信を意識し、漫画のコマ割りや吹き出しを取り入れたデザインを施している…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ