楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

古都の伝統工芸で館内を彩る オリエンタルホテル京都ギャラリー

ホテル開業ラッシュが続く京都市に9月2日、また1軒新たなホテルが生まれた。ホテルマネージメントジャパン(東京都)が運営する「オリエンタルホテル京都 ギャラリー」がそれだ。

ホテルは地上7階建て、延床面積約4615平方メートル。客室数150室、カフェ52席の宿泊特化型ホテル。コンセプトは「The Essence of Kyoto」に設定。“今と昔を繋ぐ”として、エントランスからロビー、フロント、カフェから客室に至るまで、宿泊客が歩く動線に沿って京都の伝統工芸を随所にとりいれた。

縦格子と市松模様をあしらったエントランスを入れば、京焼清水焼の作品が出迎え。ロビーには扇子や掛け軸が飾られ、フロントの正面の背後には、琳派と呼ばれる伝統技法を用いた作品「燕子花図(かきつばたず)」が目を引く。土間風の床、カフェとの空間には木組を巧みにあしらい、伝統技術と文化を肌で感じることができる。工芸作品は季節に応じて入れ替える予定で、まさにギャラリーである。

各階のエレベーターホールにもタイルアートが飾られ、それぞれテーマを五山の送り火、春の桜、若葉、清流、紅葉に設定。各フロアで京都の四季を楽しめる。

客室は、ベッドルームとの境に木枠の片面に和紙を貼り、その一部を透明ガラスとして「雪見障子」風の引き戸を設けたり、墨で濃淡・明暗を表現する「水墨画」をモチーフにしたデザインを施した。1室の広さはスタンダードダブルの約17平方メートルからコーナースイートの同44平方メートル。129室あるツインのうち53室を占めるスタンダードツインで同18平方㍍。ベッドはシモンズ社製の幅1100−1800ミリを導入した。バスタブはなくシャワーブースを主体としている。客室料金はスタンダードタイプで約1万円、コーナーツイン同約2万円としている…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ