楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toトラベル ダッチロール状態を考える

新型コロナウイルス感染症の影響で大打撃を受けた旅行・観光関連事業者の救済とともに経済の回復を狙った「Go Toトラベル」が迷走しています。政府による感染の抑制と経済活動の促進は、自動車のブレーキとアクセル操作のバランスに例えられることが多いのですが、実施決定後に東京都発着の旅行や若者と高齢者の団体旅行、大人数の宴会を伴う旅行を除外するなどの唐突な運用の変更は、航空機ならば危険なダッチロール状態と言えます。

そもそも「Go Toキャンペーン」とは「新しい生活様式」のあり方を示す取り組みであり、「ウィズコロナ」が前提であるはずです。今後、陽性確定感染者数の増減が繰り返される中、基本的な運用内容がその都度変更されることは施策を実施する上で不都合な条件が増えるだけです。しかも国費を投入する制度の運用において特定の地域や年齢層などを除外することはあってはならないことです。現実問題として、陽性確定感染者数の増加で「Go Toトラベル」の運用を変更するほどの事態になっているのならば、本来は政府が再び「緊急事態宣言」を発令するべきです。

それにしても、旅行業界の落ち込みは酷く、先週末に観光庁が発表した5月分の主要旅行業者の旅行取扱状況速報によると、前年同月比で海外旅行―99・0%、外国人旅行―99・9%、国内旅行―96・6%と激減し、過去最大だった4月の減少率︱95・5%よりもさらに悪化しました…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ