楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中国南部のクルーズ市場拡大

中国の上海や天津港を発着する大型クルーズ客船が大挙して九州の港にやってくることは前回紹介しました。アメリカのクルーズ運航会社が次に目をつけたのが中国南部のマーケットでした。厦門、広州(南沙)、香港の3港と、台湾の基隆港が起点港に選ばれました。中国北部のクルーズマーケットが急成長過程の踊り場と見た各社は2年ほど前から、中国南部のクルーズマーケットの開拓に取り組みました。

この新しい中国南部発着クルーズの寄港港に選ばれたのは沖縄の港でした。フィリピンやベトナムの港もターゲットに入って開拓が進んでいますが、やはり今の中国人観光客には、日本が最も人気のブランドです。そして那覇港をはじめとして、石垣島と宮古島にも注目が集まりました。

これらの港へのクルーズ客船の寄港数は、2015年から爆発的に増加しています。今年の那覇港への寄港数は237回の予定で、石垣島は153回、宮古島の平良港は140回となりました。海外のクルーズ会社が、沖縄本島の本部港と平良港のクルーズ客船受入施設に大きな投資をすることも決まりました…

(池田良穂=大阪府立大学特認教授)

(トラベルニュースat 2017年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ