楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本市場の夜明け感じる

「クルーズ・オブ・ザ・イヤー」をご存じでしょうか。これは日本外航客船協会というクルーズ客船や国際フェリーを運航する業界の団体で、日本のクルーズ事業の振興のため、その年のすぐれたクルーズ商品企画を表彰するもので、創設以来、選考委員の一人としてその選考に携わっています。去る12月19日、その表彰式が東京であり出席してきました。

昨年度のグランプリに輝いたのはセレブリティ・ミレニアムによる自主クルーズとして実施された、春と秋の日本一周クルーズでした。外国籍船なので、日本一周といっても、海外の港に必ず寄港しなくてはならず、パスポートの必要な海外旅行です。船の大きさは約9万総トンで、満船だと2400人余りの乗客が乗船できます。表彰の対象となった日本発着クルーズは8泊9日のやや長いクルーズでした。このプレミアムクラスの大型船を、ゴールデンウイークなどの長期休日ではない日程で、日本のマーケットだけで船を一杯にしたことが評価されての受賞でした…

(池田良穂=大阪府立大学特認教授)

(トラベルニュースat 2018年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ