楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

急成長する中国のクルーズマーケット

昨年10月、再開した本コラムの第1回目に「中国から大挙押し寄せる大型クルーズ客船」として「中国のクルーズが急成長して、そのクルーズ人口が200万人を超えた」と紹介しました。

この6月に、長崎県のクルーズ需要予測調査にアドバイザーとして同道する機会に恵まれて、上海のクルーズ研究所と欧米のクルーズ各社の中国支店を訪れ、クルーズの現状および将来予測についてヒアリングする機会に恵まれました。

まず驚いたのが、昨年の中国のクルーズ人口が477万人に達したということでした。500万人目前の数値で、もうすぐ欧州マーケットを追い越しそうな勢いです。ただ、数年続いた40%台の高成長率は減速して29%にまで落ちたとのこと。さらに今年もその減速状態が続くとの予想でした。

このクルーズマーケットの成長の減速は、欧米各社の巨大船が中国市場に次々に投入されたことから、中国内でクルーズを販売する旅行代理店での販売能力ぎりぎりに達して混乱したことにあり、需要は底堅いにもかかわらず調整期間になってしまったためで、すぐに需給がバランスして、将来的には10―15%の安定的な成長に落ち着くのと見立てでした…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ