楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

クルーズの経済効果-買物代が一般観光客の3倍

クルーズ客船がやってくると大きな経済効果があると言われています。その一つが乗客が上陸して使う消費ですが、その金額を正確に把握するのは容易ではありません。各港で調査が行われていますが、この結果がばらばらで、どのくらいの消費額が本当なのかがよくわかりませんでした。それは、クルーズ客には、船上販売のオプショナルツアーの参加者、独自で観光する個人客、港の周辺だけ散歩して過ごす客まで様々な乗客がおり、その一部からだけの聞き取り調査に基づいているためです。

今年から、観光庁が行う訪日観光客の消費動向調査に、クルーズ客船での訪日客の調査統計が加わりました。この調査は、大型クルーズ客船が頻繁に寄港する博多、長崎、那覇港で行われ、四半期ごとに結果が公表されます。

その速報結果によると、今年の1―3月期でクルーズ客1日あたりの旅行中支出は約3万1千円で、クルーズ以外での訪日観光客の約2万6千円を5千円余りも上回るものでした…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ