楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ぱしふぃっくびいなす 就航20周年で記念クルーズ

クルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」が、今年は「就航20周年記念」と銘打って様々なクルーズを行っています。

10月末に、乗りやすい週末を使った3泊4日のクルーズがあったので乗船しました。神戸港を金曜の夕刻に出港して、有名な釜山の大花火を洋上から鑑賞して、翌日は釜山観光。日曜夕刻に釜山港を出港して、翌日は朝から瀬戸内海のクルーズを堪能、夕刻に神戸港に戻るという日程です。

外国船に比べると1日あたりの料金は高めですが、日本人シェフの洋食や和食は日本人の舌にはよく合い、海を眺めての展望浴場も風呂好きの日本人には人気で、清掃時間を除くと朝から夜まで好きな時間に入れるのも嬉しいものです。

運航する日本クルーズ客船は、関西と九州を結ぶ阪九フェリーや、関西と北海道を結ぶ新日本海フェリーと同じグループの会社で、日本のクルーズ元年と呼ばれた平成元年よりも以前から、フェリーを改装した「ゆうとぴあ」を使ってクルーズ事業を開始し、第2船は「にゅーゆうとぴあ」、そして同社初めての新造船の「おりえんとびいなす」で本格的レジャークルーズに進出しました。そして「ぱしふぃっくびいなす」は平成10年に石川島播磨重工で建造されました…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2018年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ