楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新造フェリーが続々 エコな船でクルーズ化進む

大型カーフェリーの新造船が続々と登場しています。2月の本コラムでは名門カーフェリーの「フェリーきょうと」を紹介しましたが、3月末にはその姉妹船「フェリーふくおか」が大阪南港―新門司間に就航しました。全長は195メートルで、瀬戸内マックスと呼ばれる瀬戸内海で夜間航海ができるぎりぎりの長さの大型船です。

船は大型化するほどエネルギー効率がよくなりますので、トラックを陸送するのに比べるとCO2の排出量が80%以上削減できますし、乗客は軽いので何人積んでも船の燃料消費はほとんど増えません。すなわち、旅客1人あたりの輸送によるCO2排出はほとんどないと考えられるので、究極のゼロエミッションの人の輸送機関とも言えます。

4月からは宮崎カーフェリーの神戸―宮崎の間にも、新しい大型のカーフェリーが登場します。船名は「フェリーたかちほ」で、4月15日に就航します。こちらは約25年ぶりの代替で、総トン数は1万1900トンから1万4200トンに、全長は170メートルから195メートルに大型化します。連日のように「新船登場」のテレビコマーシャルも流れており期待が高まります。同型姉妹船の「フェリーろっこう」も因島の内海造船で進水しており、今年秋には就航予定で、新造姉妹船でのデイリーサービスが行われます。

さらに、神戸と小豆島・高松を結ぶジャンボフェリーも新造船を建造中で、5月28日に内海造船の瀬戸田工場で進水式を迎えます。この式典には阪急交通社が観覧ツアーを実施し、なかなか見られない大型船の進水式を間近に見ることができます。この新造第1船は9月に就航の予定。こちらは同航路の32年ぶりの新造船ですのでさらに期待が高まります…

(池田良穂=大阪府立大学名誉教授・客員教授)

(トラベルニュースat 2022年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ