楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

臨機応変、基礎力を養う 旅館勤務が学生を育てる

19/08/28

観光を大学で学びたいと言って多くの学生が観光関連学部・学科の門を叩いてくれます。「接客に憧れ」「ホテルのフロントに立つのが夢」「ディズニーが好き」。だいたいこういう理由が多いかと思います。

しかし、4年間観光を学び、卒業していく時には、そんな夢はどこかに飛び、「観光はいいかな」と言って他業界に就職していく学生が多いのも事実です。

ある一流外資系ホテルの人事マネージャーの言葉を忘れません。「大学の先生は何もわかってないんだから、余計なことはしなくていいんです。あとはこちらが育てます」。余計なことをするから、余計なことを教えるから観光が嫌になる。夢を見させたまま卒業させればいいんですと。

こうした茶番劇をいったい何十年やっているんでしょう。

その要因として感じるのは、大学生の幼稚化。素直でいい子が多いのですが、子どものまま育ってきています。大学2年生までは社会人基礎力はゼロに近い。どういうことかというと、叱られた経験がないので、失敗や叱られるおそれのあることを極度に避けるのです。常に予定された通りに線路の上を走ってきているので、臨機応変には弱く、予定変更を徹底して嫌います。報連相はやったことがありません。

それを修正するのが私のライフワーク。毎年夏、学生には旅館で3週間のインターンシップを経験させます…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ