楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ペットボトルはダサい!? コスト削減をチャンスに

19/11/26

コンビニやレストランのストローが徐々に紙製に変わりつつあります。レジ袋の有料化も一気に進むことでしょう。ラグビーW杯で日本を訪れたフランス人が日本でいまだプラスチック製品が多いことに驚いたと紹介されていましたが、やっと日本も世界に近づこうとしています。

そもそもなぜペットボトルやレジ袋といったプラスチックがだめなのか。地球温暖化防止のためとは頭でわかっていながらも、身に付いた使い捨て習慣は簡単には消えていきませんでした。しかし、皆がやるなら進むのが日本。この機会に観光産業もぜひ協力していきたいと思います。

まず、思い切ってペットボトルの販売をやめましょう。日本の水道水はそのまま飲めます。ホテルでは冷蔵庫に冷水ポットをセットすればよいと思います。

いや、電気代のほうがかかる、とお思いであれば、エネルギーの自給も検討していきましょう。地熱・温泉熱、マイクロ水力。企業単位・地域単位で考えていくべきタイミングです。

ごみの分別もお客様に協力いただくことはできないでしょうか。バックヤードで分別にかかるコストはどのくらいですか…

(井門隆夫=井門観光研究所代表取締役)

(トラベルニュースat 2019年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ