楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ジャンヌ・モローさんを悼む

この7月31日、フランスの名女優、ジャンヌ・モローさんが亡くなった。とても、モローなんて呼び捨てにできない。僕の青春にぐさりと突き刺さった女優さんだからだ。

彼女の思い出の名画となれば、いささか当たり前にすぎるが、『突然炎のごとく』と『死刑台のエレベーター』となるのは致し方ない。

『エレベータ』の方は、恋人のモーリス・ロネと会えず、夜のパリを彷徨するモローさんの姿が印象的だが、これは監督のルイ・マルがドキュメンタリー風に撮ったもの。あのころ、突然、記録映画風のタッチがまざるのをシネマ・ヴェリテ(真実の映画)などと言ったものだ。後年、パリに遊んだとき、観光コースを外して、モローさんがどんな街をうろうろしたか、その場所を割り出して歩いたほど…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2017年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ