楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「ジェームズ・ボンドが愛した朝食」 美味しくも、もう少し「お遊び心」がほしい

このコラムの連載開始の時のテーマは、2006年、ダニエル・クレイグの映画「007 カジノロワイヤル」についての感想だったように記憶する。当時、毀誉褒貶だった金髪で、どちらかというずんぐりむっくり系のボンド登場で大きな話題になってなっていたが、ともするとマンネリに陥りがちのシリーズものに「喝!」を入れるならこれくらいのイノベーションは必要だ、という論旨だったと記憶する。

それから13年。クレイグ主演のボンド最後の作品として”No Time to Die”の公開が近い。

それもあってか、東京・芝のザ・プリンス・パークタワー東京で「ジェームズ・ボンドが愛した朝食」なる再現メニューのイベントが行われている。

イギリス政府が2019年の夏ころから展開している英国フェアへのパークタワーの協力がこういう形になった。

メニューは11月1日—12月25日まで同ホテルのロビーラウンジに1日5食限定で提供されている。定価6千円(税サ別)。

メニューは「ジェームズ・ボンド仕事の流儀」なる本の著者で、経営コンサルタントをされている田窪寿保氏が監修したもの。内容はカリカリに焼いたブラウントースト、吟味されたストロベリージャムとマーマレード、卵はミルクを入れないで作るスクランブルエッグとゆで卵…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2020年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ