楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

中小旅行会社の役割 団体復活の幻影を追うな

昨年末の水際対策の緩和以降、インバウンド市場が急速に回復していることは前回の当コラムでも触れました。今年の3月には新型コロナパンデミック前の水準の約3分の2まで戻り、4月は2019年同月比66・6%の約195万人まで持ち直しています(個人旅行再開後の最高値)。

インバウンド復活の流れに上手く乗ることで売上を伸ばす飲食店、宿泊事業者、商店などが全国的に増えている一方で、なぜか中小の旅行会社の多くはその恩恵を受けていないように見えます。

先日、ある地方でお会いした旅行会社の方が「新型コロナでビジネスが散々だ。全国旅行支援の事務処理が煩雑。顧客は年寄りが多く、スマホの操作から教えている。宴会需要が戻ってきたと思ったら旅館も人手不足で受け入れてくれない。昔のような団体旅行が戻ってきてほしい…」と話しておられ、昭和時代に戻ったかのような発言に衝撃を受けました。

一体、「昔のような団体旅行」とは何でしょうか? それは、ほとんど何もしなくても自社を利用して定期的に各地へ旅行に出掛けてくれる法人や老人会などの団体客のことを指しているのでしょうか? もしそうだとしたら、それは妄想以外の何ものでもありません。旅行スタイルの個人化が叫ばれるようになってから四半世紀以上が経ちます。しかも、人口減少社会に拍車が掛かる中、旅行者数ではなく消費額で見れば個人旅行が国内市場の9割を占め、そのうちの8割の消費は全国民のたった3割のものです。

大手旅行会社ですら本業の売上は年々減少し、公的委託事業などで利益を確保する時代です。中小の旅行会社が本業以外でも収益の柱を持つ…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2023年6月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ