楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

1千室超の天空ホテル ホテル阪急レスパイア大阪

昨年11月26日、JR大阪駅前に1030室の超大型ホテル「ホテル阪急レスパイア大阪」が開業した。道路を挟んだ向かいに同じく約1千室の大阪新阪急ホテルがあり、運営も同じ阪急阪神ホテルズ(大阪市)が担う。

ホテルは、大型家電販売店ヨドバシマルチメディア梅田(以下、ヨドバシ)に隣接して建設された複合商業ビル「ヨドバシ梅田タワー」の地上35階地下4階建てに入居。1階と2階にホテルエントランスを設け、9階にフロント、ロビー、レストランを配置し、12階から35階に客室数1030室を設けた。

「レスパイア」は阪急阪神ホテルズが新しく展開するホテルブランドでインバウンドを主なターゲットにした宿泊主体型のホテル。その内容はサービスを絞り込みながら、ホテルの持つ「豊かさ」や「華やかさ」を兼ね備える。

客室は、約4割超の414室を占めるダブルルームが約19平方メートル、同397室備えるツインルームは約25平方メートルを中心に約60平方メートルまで、ゆとりの広さを確保。ベッドは、ダブルが幅1600ミリと幅広サイズを採用し、ツインは幅980ミリを2台配置している。いずれもバスとトイレは独立型でアウトベーシンとし、複数人数で利用の利便性を高めた。

高層階にあるため、客室の窓からは大阪の景観が一日中楽しめる。24階には、24時間利用できる宿泊客専用のフィットネスルームを備えており、ホテルライフに付加価値をつけた。

このほかフォース48室、トリプル171室を備える。フォースはベッドを2台ずつ向かい合わせに配置し、中央に団らんができるスペースを設けるなど、利用客目線で客室づくりを進めた…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ