楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師、揺れる機内でビビる 「オチ」ないですけど…何か

毎度、本コラムを読んでいただきありがとうございます!

先日、ありがたいことで文化庁主催の「文化芸術によるこども育成総合事業」で屋久島の小学校へ寄せていただきました。つまり、学校出張公演です。

移動は飛行機ですが、機内アナウンスで「視界が不明瞭のため、万が一の時には、鹿児島空港、または伊丹空港まで戻ります。ご理解ください」と機長の言葉。

「今時の飛行機で、視界が不明瞭で引き返すとは珍しい」と、何気になく窓の外を見れば、まわりは分厚い雲で覆われており、高度を下げ始めたその直後に、激しく揺れ続けます。その揺れに、機内で乗客の悲鳴が上がるほど。

僕自身も「あ、墜落する」と思うのと同時に、

「旭堂南龍を囲む会の会報誌の原稿〆切を守った当日に限って、こんなことに巻き込まれるやなんて、慣れへんことはするもんやない」(〆切は守りましょう)と考えたり、または「朝ドラの『スカーレット』結末まで観たかったなぁ」

さらには「せや! 冷蔵庫のポッキー食べ切ってなかった!」。様々なことが思い起こされます。

あきらめかけた時に、ドン!と音を立てながら、屋久島空港に着陸しました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2019年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ