楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの十四 謙翁和尚「我の利」を説く

周建は謙翁和尚の弟子になろうと西今寺を探しますが、さっぱり分かりませんので、往来の者に

「ここら辺りで西今寺というお寺をご存知ないですか?」「西今寺?聞いた事がないなぁ」「謙翁和尚という御住持様です」「さぁ。せや。ここ真っ直ぐ行った所に随分古い住まいがポツンとありまして、其処に住んでるじいさんが物知りやさかいに、聞いたら、なんぞ分るんとちゃいますか?」

周建言われた通りにやってくると、草臥れた家屋がポツンとありましたので「少々、お尋ね致します」「はいはい。何じゃな?」「この辺りに西今寺というお寺の謙翁和尚をご存知ないですか?」「あぁ。それは此処じゃ。また謙翁とはワシじゃ」「ええ!貴方様が?これがお寺? 草が生え放題で門や屋根もありませんが」「ははは。それは此の寺が貧しいだけじゃ。何の蓄えもありませんでな。そんなワシに何ぞ用がありますかな?」

「謙翁和尚、私はかつては安国寺で修行をしておりました周建と申します。どうか私を弟子にして下さい。今の五山・十刹が失うた禅の心を謙翁和尚の許で学びとう存じます」「…そうか弟子にしよう。お前さんの様な者が何人も来ていたが、長くて十日、短くて半日、耐えられるかな」「耐えます」「では早速ワシの弟子ならば、新たな名前を授けたいが。腹が減っておってのう、近頃はまともな物を食べておらん。托鉢へ参れ」

ごろりと横になる。周建は托鉢へ参りますと、其の日は何とか食べ物にありつけることができましたが、水しか飲めない日も度々ありました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ