楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの十四 謙翁和尚「我の利」を説く

周建は謙翁和尚の弟子になろうと西今寺を探しますが、さっぱり分かりませんので、往来の者に

「ここら辺りで西今寺というお寺をご存知ないですか?」「西今寺?聞いた事がないなぁ」「謙翁和尚という御住持様です」「さぁ。せや。ここ真っ直ぐ行った所に随分古い住まいがポツンとありまして、其処に住んでるじいさんが物知りやさかいに、聞いたら、なんぞ分るんとちゃいますか?」

周建言われた通りにやってくると、草臥れた家屋がポツンとありましたので「少々、お尋ね致します」「はいはい。何じゃな?」「この辺りに西今寺というお寺の謙翁和尚をご存知ないですか?」「あぁ。それは此処じゃ。また謙翁とはワシじゃ」「ええ!貴方様が?これがお寺? 草が生え放題で門や屋根もありませんが」「ははは。それは此の寺が貧しいだけじゃ。何の蓄えもありませんでな。そんなワシに何ぞ用がありますかな?」

「謙翁和尚、私はかつては安国寺で修行をしておりました周建と申します。どうか私を弟子にして下さい。今の五山・十刹が失うた禅の心を謙翁和尚の許で学びとう存じます」「…そうか弟子にしよう。お前さんの様な者が何人も来ていたが、長くて十日、短くて半日、耐えられるかな」「耐えます」「では早速ワシの弟子ならば、新たな名前を授けたいが。腹が減っておってのう、近頃はまともな物を食べておらん。托鉢へ参れ」

ごろりと横になる。周建は托鉢へ参りますと、其の日は何とか食べ物にありつけることができましたが、水しか飲めない日も度々ありました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ