楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの三十三 地獄太夫に引導の歌を読み返す

一休禅師が案内をされた部屋の戸を開けますと、そこには絶世の美女が、煌びやかないで立ちで出迎えております。見かわす顔と面、見つめ合う目と眼。一休がどっかと坐り直すと

「聞きしより 見て美しき 地獄かな」上の句を読みますと、
地獄太夫が「死に来る人の おちざるはなし」

これは、遊郭なのでそういった『行為をしに来る』と『死にに来る』と言葉を引っ掛けた。

「当為即妙、さすがは地獄太夫、美しき女である故、男は全て落ちるのか」

ニコリと微笑み合う男と女、そこへ地獄太夫が
「山居せば 深山の奥に 住めよかし ここは浮世の さかい近きに」

山奥に住んで居れば良いのに此処は浮世ですよ。何故ここにやって来たのですか?
「一休が 身は身ほどに 思わねば 町も山家も 同じ住処よ」

一休は一休です、何所に住もうと同じことです、と読み返したので。これですっかり打ち解けた。

「時に地獄よ、其方な何故地獄と名乗っておる」「私は三歳で父を失いました。応仁の合戦で戦死した梅津嘉門景春の娘です。家族は近江へ逃れんものと如意嶽山中で賊に襲われ、私は攫われ遊女となりました」「この地獄を見たんじゃな」「現世の不幸は前世の行いのせいかと思いまして」「左様か」「禅師、これからもこの廓で暮らしております。何か生きて行くための歌でもお認めをば」と扇を出した、そこで一休がサラサラと筆を走らせる

「闇の夜に 鳴かぬ烏の 声聞けば 生まれぬ先の 父ぞ恋しき」。これを託して一休はふらりと出て行ってしまいました…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2023年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ