楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「心のバリアフリー」船舶にも急務

「心のバリアフリー」「ユニバーサルデザイン」「障害の社会モデル」を鉄道、航空、ホテル、旅館など観光産業を舞台に見てきましたが、まだ船舶は覗いていませんでした。

海上交通における船舶については国土交通省がまとめたバリアフリーマニュアルがあります。バリアフリー化の効果としては、高齢者、障がい者の社会参加が促進されることです。そこに「どこでも、だれでも、自由に、使いやすく」というユニバーサルデザインの考え方が加味され、すべてのお客様に利用しやすい施設が実現していくのですが…。

しかし船舶は、鉄道などと比較して用途・船種により多種多様であることや波浪による揺れなど特有の要因が存在していることから、お客様が自力で、安全、円滑かつ快適に移動することが困難な場合が多くあります。そのため乗船するすべてのお客様を想定しての対応はできません。これでは「人は海までは行くが、船には乗らないだろう」となりかねず、心のバリアフリーは船舶にも必要とされます…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2018年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ