楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

緊急事態時に“見えてしまう”心のバリア

西日本を中心に記録的な大雨が降り続き福岡、佐賀、長崎、岡山、広島、鳥取の6県に対し「生命に重大な危険が差し迫った異常事態にある」として大雨特別警報が発表されました。この豪雨は「特定非常災害」に指定されました。

広島で「サービス介助士」教習を担当していたスタッフは、受講者を安全に帰宅させるため予定より早めの進行で、全員が大事なく帰路につきました。講師陣も新幹線へと向かった途端、運転は中止されました。再開の目途が立たない以上、ホテルを探すしかない。6日の宿泊先は労せず確保!

しかし、天候は回復せず、翌早朝には延泊を申し出ましたが、返事はNO! 事情を説明しても時間通りチェックアウトしていただくしかない…。せめて次の安住先が見つかるまでロビーの一角を貸してほしいと頼みましたが、これもNO! ホテル側の事情もあるでしょうが緊急事態です。せめて理由を、せめて代案を…。これがホスピタリティを掲げるホテルの対応なのかとガッカリした瞬間でした。

ホテルマンにはどんな「心のバリア」があったのでしょう。何とか身体を休める場所を確保し、自宅に戻れたのは2日後でした。

事件は続きます…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2018年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ