楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

究極のバリアフリーはコミュニケーション

改正バリアフリー法(高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部を改正する法律)が11月1日に施行されました。

昨年6月のバニラ・エア便で車いす利用者が搭乗を断られる事例から1年が過ぎ、車いす利用者がスムーズに航空機に搭乗できるよう、国土交通省は10月から、航空各社に支援設備の完備を義務づける方針を決めました。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機として、バリアフリー対策が急務と判断したのでしょう。対策は様々な場面に広がり、ホテルや旅館でも車いす利用者が使いやすい客室数を増やすための設置基準を見直しています。海外からも障がいのあるお客さまが多数来日する予測が立つ中、我が国のさらなる高齢化も見据えたものでしょうが、こうした改正案を当事者である車いす利用者は、どう見ているのでしょうか?

休日の市内は想像以上に人が多く、車いすユーザー2人との待ち合わせ場所を改札口前にしたことを後悔しましたが、労せず2人は私を見つけてくれ、話ができる店に入れました。初めてのお店らしいのですが、移動中の彼らのリサーチ力は実に見事。入口にスロープがあったこと、ちょうど手前の席が空いていたことで、わざわざハードが整っている店を探す手間が省け、気軽にサッと入れました…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2018年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ