楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

障害の「社会モデル」−見えない−(1)

今回は、視覚障害者が宿泊施設を利用する際の困りごとを考えてみます。

視覚に障害のある人は、どんなふうに旅を楽しむのだろう? そんなことを思っていませんか。旅の楽しみ方は、みんな違います。その土地の名物料理に舌つづみを打ち、お土産、行き交う人たちの歓声にもイメージが膨らみます。温泉もありますね。楽しみ方は一人ひとり違います。だからこそ、もてなす側にも多様なお客様が利用される想定で準備をお願いしたいのです。

では、皆様も心の眼でホテルのドアを開けてみてください。まずフロントへ進み、チェックイン、部屋のキーを受け取り、エレベーターを探し、自分の部屋へ。無事にたどり着けましたか? 初めての場所では周囲の状況がわからないので、お手伝いが必要かもしれません。

状況がわからないのは、「目が見えない」という心身機能の制限に原因がある(障害の医学モデル)からでしょうか? 宿泊施設を利用する人は多様です。視覚に障がいのある人が安心して施設を利用できる環境が整備されていないことが障害(障害の社会モデル)になってはいないでしょうか…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2019年11月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ