楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「サービス介助士ジュニア」

2008年に初版「サービス介助士ジュニア」を発行し、中学・高校・各種支援学校で導入いただいておりますが、今回初めて大きな改訂を行いました。家族・友だち・地域の人など、日常生活や学校生活で関わる人に対する「おもてなしの心」と「基礎的な介助技術」を身につけた、高齢社会に必要とされるジュニア・ケアフィッターを目指します。

核家族化が進み、日常生活の中で高齢者と接する機会が減っている子どもたちが、高齢者への理解を深め「地域社会で共に生きること」や「より良い社会をつくる」ことを考える。「障害」についても同様に、障害って何だろう、障害はどこにあるのだろう? 社会には、さまざまな人たちが暮らしているからこそ「違い」があって当たり前、同じじゃなくて当然なのです。

次は、この「困りごと」の原因って何? もしかしたら身体に障害があることで困りごとが生まれるのではなく、社会や社会にいる人々によって「困りごと」が作り出されているのかもしれない。障害のある人にとって生活しにくい環境があり、困りごとを生む「バリア」が存在しているのかもしれない、と考えてもらいたいです。

また「死」について考えています。「死」について考えることから「生きる」ことの意味を見つける。「生きる」って何だろう。「いのち」って何だろう。一日一日を大切に、「いかに生きるか」を考えていく。さまざまな人が生活する中でお互いの理解を深め、コミュニケーションをとることが「心のバリアフリー」の実践です…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2022年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ