楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

COVID19 今こそ「贔屓客」頼み

前回同様、今回も世界水準のDMOのあり方についての解説ではなく、新型コロナウイルス(以下、COVID〔コビッド〕19=英語表記略と発生年を組み合わせてWHOが命名)に対するクライシス(危機的局面)マネジメントを考えたいと思います。

改めて言うまでもなくCOVID19感染の拡大は世界規模となり、非常事態宣言が各国から続々と出されています。国内では政府からの大規模イベントの自粛や一斉休校を要請され、特に観光関連産業に与える経済的な損失は日に日に増すばかりです。

しかも、専門家会議のメンバーからは「インフルエンザのように暖かくなると消えるウイルスではない。ウイルスとの闘いは、数か月あるいは半年、年を越えて続くと考えている」との発言もあり、いつになれば感染が収束するのかまったく先が見通せない状況になっています。

政府としては、雇用調整助成金の特例や金利引下げ、中小事業者に実質的な無利子・無担保の資金繰りなどの支援策を打ち出してはいますが、売上が激減している事業者からすれば、この程度の措置ではとても生き延びることはできません。相談を受けた中には「無利子と言っても借金が増えるだけ、このまま会社を倒産させ、COVID19感染が収束した後、無借金状態からビジネスを立ち上げ、その時に国からの補助金などの支援策を受けた方が良いのだ」と言い出す事業者までいました。

売上が激減していく中で身動きが取れない事業者が多いのですが、このような危機的な状況下でも売上を極端に落さずに営業を続けている事業者もいます。

彼らの共通した特徴は…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2020年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ