楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

水際対策の緩和 訪日旅行者増の受け入れは…

読者の皆様がこのコラムを読むころには訪米中だった岸田首相からニューヨーク証券取引所での講演か記者会見で水際対策の緩和についての発表があり、すでにその詳細をご存知の方が多いのではないでしょうか。

5月5日にロンドンの金融街シティーで岸田首相が講演した時には、新型コロナウイルス感染拡大による入国制限に関して「6月には他の先進7カ国(G7)並みに円滑な入国が可能となるよう水際対策をさらに緩和する」と表明していました。それから今回の発表まで約4カ月の間、政府は入国者数の上限引き上げや添乗員付きパッケージツアー限定などの条件を付けながらも水際対策の緩和を進めていたのは事実です。

しかし、内容的には国内の批判回避のために世間の反応を見ながらその都度小幅な緩和を繰り返しただけでした。訪日外国人旅行者にとって入国時の最大の足枷となっている短期滞在ビザの取得免除や個人旅行の受け入れ解禁に関しては「国内外の感染状況などを見極めた上で最終判断する」と12日にはすでに政府から見解がありました。これもどちらかと言うと感染状況よりも内閣支持率や国内メディアの反応から判断され、今回の首相発言の内容に至っていると思われます。

懸念しているのは、今回の水際対策の緩和でも入国時に陰性証明書を不要にするためのワクチン3回接種の条件が残ることです。この条件が続く限りワクチン未接種の小さな子どもを連れた家族は日本に入国することができません。また、ワクチン未接種者は検査で陰性になったとしても入国後5日間隔離が必要です。このままでは世界から日本は「家族旅行お断りの国」のレッテルを貼られることになりそうです…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2022年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ