楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新・観光立国推進基本計画 量から質へ消費額重視に

今月9日、観光庁は交通政策審議会第45回観光分科会を開催し、新たな観光立国推進基本計画(2023―25年度)の素案を提示しました。すでに内容をよくご存知の方もいらっしゃるかと思います。

新たな観光立国の実現に関する目標については量から質の向上が強調され、COVID―19感染症の見通しが不透明であるとして、人数に依存しない指標を中心に設定するとあります。今後の観光政策の方向性としては「持続可能な観光」「消費額拡大」「地方誘客促進」が示されましたが、その中でも「消費額拡大」については指標そのものがこれまでより明確になったと言えます。

特に25年度を待たずに「早期達成を目指す目標」が挙げられ、訪日外国人旅行消費額5兆円、国内旅行消費額20兆円と設定されました。政府としては、総旅行消費額25兆円を一日でも早く達成することが最重要であることを明確にしたのです。これは企業や事業者の売上目標と同じであり、観光施策として単純に旅行者数を増やすだけでなく政府が稼ぐ意欲を本気で出したメッセージであると受け取れます。

03年当時の小泉首相が「観光立国宣言」を行った後、政府が観光施策として最も声高に叫んできたことは消費額増加よりも、「訪日外国人旅行者数6千万人の達成」という旅客数の増加でした。それが今回の素案では…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2023年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ