楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

泊まらぬ理由 ジャム理論

2019年7月10日(水) 温泉専門家が勢揃いして、愛用宿を紹介する番組の収録に参加。文化人は薄謝が相場なので、積極的に質問をして自分の勉強の機会にしました。

宿は好みで選ぶのが正解ですが、似た宿ばかりでは飽きるもの。新発見を求めて他人の意見に耳を傾けると、一軒気になる宿が。以前から知っていたものの、自分なりの理由があり泊まらなかった宿でした。

私が宿に求めるのは、滞在中堪能し続けるに値する温泉の満足感に尽きます。しかし、この宿は料理が売りで、温泉の良さがまったく部外者に伝わってこない。露天風呂を一回貸切にできますが、後は内湯しか入れず、その時点で滞在が急速に色褪せる恐れが濃厚。宿泊予約を検討したこともありますが、結局泊まらなかったのです。

今回、実際に訪れた際にも懸案の内湯に真っ先に行きましたが、最初男湯になっている木造浴室はホームページの写真通りB級な雰囲気で魅力なし。貸切露天に入った後は失望するのが怖くて内湯に入れませんでした。

しかし、深夜の男女交代前に一度は入ろうと思って行くと、凄く落ち着ける浴場で驚愕。人は見かけで判断できませんが、温泉も同じだと反省。翌朝の男湯はタイル張りの広々としたもの。老舗宿のリノベーションで浴場も流用ですが、かえってかけ流しの良さがストレートに伝わり満足できました。

泊まらなかった理由の2つ目は…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2019年10月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ