楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

四万たむらのコロナ対策 旅行再開は愛用宿から

6月24日(水) 6月19日の県境越え自粛解除後、最初に泊まるのは勝手知ったる愛用の宿が安心。四万温泉たむらは大規模なので、構造的にも三密が発生し難い環境。コロナ対策の「お籠りプラン」も登場し、即座に予約しました。

群馬県民向け一人5千円割引も実施中で、宿に到着すると結構な賑わい。しかし、日帰り入浴を一時的に中止していたので、多数ある温泉浴場は余裕があり快適。昼間は浴場も含めて館内至るところの窓を開け、換気への配慮も十分です。

客室はもちろんエレベーター内を含む館内各所に、次亜塩素酸水スプレーが多数配備され、なんだか安心。しかし、帰宅後に厚生労働省のサイトを見ると、テーブルやドアノブの消毒用とありビックリ。てっきりアルコールと同様に、手指の消毒にも使えると誤解したので要注意です。

通常の夕食は個室料亭での会席料理ですが、お籠りプランでは客室ドアの前に、夕食を配膳。宿泊者自身が客室に並べて、食後も自分で廊下に戻します。

勝手が分からず困っていると、結局中居さんが客室に配膳してくれましたが、なんだか申しわけない気分。でも、四万たむらで部屋食は初めてだったので、すぐに気分が良くなり、返却は時間ギリギリに。

その際もプラスチックの番重に戻すべきか悩んでいると、結局仲居さんに「そのままで、いいですよ」とサポートされる始末。手間が掛かる客で本当にすみません。

布団敷きもセルフのプランなので接客頻度が減り、感染リスクをお互いに軽減。一方で、その方々の仕事はどうなったのか、ちょっと心配。とはいえ宿泊料金が割引された上に、飲み物の持ち込み料金も込みだというので、コンビニ袋に入った酒類を初めて堂々と持ち込めて、やっぱり気分がいい。翌月からコンビニ袋が有料化されることもあり、忘れられない宿泊になりました…

(藤田聡=温泉研究家)

(トラベルニュースat 2020年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ