楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

欧州の“当たり前”が解決策に

世界で「当たり前」の民泊とは、どれくらいの市場となっているのだろうか。まず、何かと話題になるairbnb発表の数字をおさらいしよう。

2017年8月の発表では、全世界での登録物件数が400万件を突破。これはマリオット(115万室)やヒルトン(79万室)といった巨大ホテルチェーンを上回る規模である。また、累計利用者は2億人を超え、世界中で毎晩200万人がairbnb掲載物件に滞在しているという。

では、都会民泊ではなく農泊(農村民泊、カントリーサイドステイ)は、どれほどの市場となっているのだろうか。民泊はもともと農泊からスタートしている。フランスのバカンス法により強制的に長期休暇を取らざるを得なかったことにより、自宅ではないところで長期間過ごす、いわゆるロングステイ需要が起こり、結果、地方の別荘(空き家)に滞在することになったと言われている。

フランスの民泊組織であるジットドフランスによれば、フランスの農泊利用者は年間2870万人泊にもなっており、大きな宿泊市場を形成している。また、そのうちホームステイ型のB&Bは2割程度で、空き家活用の別荘型が伸長しているという。

ヨーロッパでは当たり前の農泊は、日本国内においても空き家増加の地域課題を解決し、今後増加が見込まれる地方へのインバウンドの受け皿にもなり得ると期待される…

(百戦錬磨・観光創生班)

(トラベルニュースat 2019年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ