楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

小豆島商談会に拍手

18/11/26

香川県・小豆島の関係者で組織する小豆島観光戦略会議が先日、大阪市内で観光商談会を開いた。誘客や旅行商品化を目的に各地が主催し商談会を実施しているが、小豆島の商談会は一風変わっている。

通常、商談会といえば旅行会社が座るデスクに現地側の関係者が回り、売り込むスタイルが一般的。しかし小豆島の商談会は、まずこの日のために作った映像から始まる。ドローンを使って島ならではの景観を映し出し、戦略会議に携わる人たちの笑顔が続く。いわば“鳥の目・虫の目”で小豆島の魅力を伝える。

次に、誰がどのような目的で島を訪れているのか独自に調査した結果について時間を割いて伝える。これが秀逸で、どのような人が何を目的に、誰に紹介されて小豆島に来ているのかなど、現地でのマーケティング調査を詳細に説明する。その背景には、旅行会社の取り扱いが激減し、個人で来る観光客が増えていることにあるという。

つまり、この商談会は主催者側がいう「小豆島は個人化が進んでいる状況なので、来ている客層もしくは来ようとしている客層にターゲットを絞った商品をともに造りませんか」と提案することにある。一方的に送客と商品化を促すのは、旅行会社に失礼だということだ。ともに発展したいという姿勢に拍手を贈る。

(トラベルニュースat 18年11月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ