楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「励まし」の新年互礼会

19/01/25

年が明けたと思えば、すでに1月も後半。この間、旅行業界団体では新年互礼会が各地で開かれた。次号で紹介するが、今年は参加者を楽しませよう、元気づけようとした内容のものが多かった。

京都府旅行業協会では、京都内のバス会社4社のバスガイドが自社と京都への思いをアピールしたほかチアダンスなども披露し、会場を盛り上げた。京都の互礼会でバスガイドが表舞台で活躍したのは初めてで、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

奈良県旅行業協会では、奈良県立大学客員教授で春日大社の元権宮司の岡本彰夫さんが講演。奈良県観光は「日本人が誇りを取り戻す文化」を持ち、今日本人が誇りを取り戻すには国内観光をすべきで、観光業は尊い仕事だという自覚を持つべき、と訴えて参加者を励ました。日本人らしい生き方などにも言及し奈良県らしい文化的な会となった。

全旅協大阪府旅行業協会では大阪学芸大学の吹奏楽部が参加者の入場を生演奏で迎え、観光や大阪に馴染みのある音楽を披露。これまでにないもてなしに参加者も満足げで、来賓も演出にエールを送っていた。

いずれも参加した人たちに対して旅行業への期待を高めたのと同時に、個々で「今年も頑張るぞ」との思いを持ったに違いなく、企画した方々に拍手をおくりたい。

(トラベルニュースat 19年1月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ