楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊業の原点を見る

19/02/25

先日、旅館の女将・若女将ブログで上位にランキングされている若女将に集まってもらい弊社主催で座談会を行った。詳細については近号でお届けするが、ブログで発信し活躍する若女将たちの宿に対する熱い思いの一端を知った。

彼女たちの宿は総じて小規模。だからブログの書き込みも頻繁にできるのだ、と大規模旅館の人たちは思うかもしれない。ところが、彼女たちは仕入れ、接待、経理とマルチにこなし、私生活も充実させてブログをどんどん更新していく。一度来てもらった宿泊客に再訪してもらうことはもちろん、ブログを通じてファンを増やす。そのさまと忙しさは、まさに人気タレントと変わらない。

近畿圏の離島で宿を営む若女将は大阪に出てくるのは4年ぶり。別の若女将はブログに「2日間宿を留守にしてごめんなさい」と書いた。それほど宿に張りつき、宿泊客をもてなす気持ちを大事にしている。

しかし、彼女たちの口からは「もてなし」という言葉は出てこない。行動で「もてなし」を示し、リピーターやファンをつかんでいる。ブログというネット社会の新しいツールを駆使しながら、縁あった人としっかり向き合っているのが彼女たちの姿勢なのだ。楽しそうに自分たちの日常や仕事を笑顔で語る彼女たちに、宿泊業の原点を見た−。

(トラベルニュースat 19年2月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ