楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

RWC開催と成功に思う

19/10/25

日本で開催中のラグビー・ワールドカップ(RWC)。日本チームの大躍進に興奮しっ放しだったが、RWCは試合の結果だけではなく、多くのものを私たちにもたらしてくれたように思う。

各国チームが合宿した地域では、1万5千人もの市民が代表チームの応援歌を歌い歓迎したとか、ニュージーランド代表が試合前に行う「ハカ」を子どもたちが披露し選手を感激させたとか心温まる交流が重ねられたようだ。カナダ代表チームが台風被災後のボランティア活動を岩手県釜石市で行った姿には、私たちが感動させられた。

試合後ノーサイドという一言で敵味方が入り交じり、観客席に日本流のお辞儀をする。そして、試合出場の半数が外国出身者の代表チームを心から応援する…。それがラグビーというスポーツで、その本質を多くの日本人が今回初めて目の当たりにし「にわかファン」になった。だが、ラグビーは我々の精神性にぴったりフィットしたとも言えるのではないか。

八百万(やおよろず)に表される多様性こそが日本の魅力。RWCでは各国の人を迎え、都市に限らず地方でもファンを獲得することにつなげた。来年の東京オリンピック・パラリンピックはもちろん、観光立国の礎石が強固になったと思う。

(トラベルニュースat 19年10月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ