楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

全国旅行支援に備えて

22/07/11

政府が7月前半から実施を想定していた観光需要喚起策「全国旅行支援」。観光業界は期待を込めて待ち望んでいたが、開始の可否の判断は参院選後に先送りされることになったようだ。

またぞろ第7波が取り沙汰され、当面は実施を見合わせるべきだとの声も出ているそうだが、世界がウイズコロナに大きく舵を切る中で、新規感染者数のみに一喜一憂するガラパゴス化はどうなのか。観光をシャットダウンする思考停止状態から早く脱却していただきたい。

とある情報筋によると「全国旅行支援は必ず実施しますが、タイミングを見ているところでしょう。諸々のリーク的な報道で、観測バルーンを挙げての様子見だと思います」。マスコミ報道を真に受けて右往左往しないことが肝要と指摘する。

「全国旅行支援」は、現在ブロック単位まで利用を拡大している県民割の対象を全国に広げるというものだ。旅行業や宿泊業などの窓口対応や事務手続きの煩雑化は容易に想像がつく。これら事業者が代行手数料をしっかりと盛り込んだ施策としなければならない。ある県では、県民割の地域クーポン発行に伴う手数料を旅館ホテルにも支払っていると聞く。全国旅行支援の実施を機に、全国の事業者が真の支援としてあまねく享受できるようモノ申したい。

(トラベルニュースat 22年7月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ