楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅館業の将来に責任 全旅連青年部が18年度総会(3) 学観連とインターン受入で協定

宿で働く魅力伝える

全旅連青年部(西村総一郎部長)は4月17日、東京・平河町の全国旅館会館全旅連会議室で学観連(日本学生観光連盟)とインターンシップ受け入れなどサポーター協定に調印した。両者の協定は8年目で、継続確認のために毎年、契約を新たにしている。

インターンシップは、「若旦那・若女将密着体験プロジェクト」として、就業体験を重視。会場は石川県加賀市の山代温泉を中心に調整中で、期間は8月末から、もしくは9月初旬からを予定している。旅館8軒で学観連の学生約40人を受け入れる。

青年部の西村部長は、「昨年のインターンシップ事業では学生の士気の高さを感じました。今年も、若手経営者と学生のコラボレーションを意義あるものにしたい」と期待を示した。

全旅連青年部と学観連

協定に調印した両団体の皆さん

これに対し、学観連代表の山岡優莉さん(跡見学園女子大学)は、「学観連は今年で発足10年となりますが、本事業は初期からのプロジェクトで今回が8回目です。旅館に就職する観光学部の学生は多くありませんので、インターン事業を通じて旅館に興味を持ってもらいたい」と応じた。

学観連は観光を学ぶ学生同士のネットワークづくりや、観光への理解促進を目的とした学生組織。首都圏の11大学の主に観光系学部・学科の学生が所属している。各大学のゼミ単位や個人で324人の学生が参加している。

(トラベルニュースat 18年4月25日号)

(前の記事)旅館業の将来に責任 全旅連青年部が18年度総会(2) 50年の節目を迎えて

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ