楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

北海道を盛り上げよう 官民代表で復興支援を決意(1) 「ふっこう割」でオフ期集客

日本観光振興協会や全国旅行業協会(ANTA)、日本旅行業協会(JATA)など観光関係団体は10月24日、東京・霞が関ビルで「北海道を観光で盛り上げる会」を開いた。鉄道や航空、大手旅行会社幹部が出席し、「北海道ふっこう割」を活用した旅行需要喚起や誘客に決意を示した。会合には石井啓一国土交通大臣、菅義偉内閣官房長官、二階俊博自民党幹事長らも出席した。

復興の原動力に

北海道ふっこう割は、9月の北海道胆振東部地震で大きなダメージを受けた北海道観光を促進しようと、政府が予備費81億円を拠出して行う旅行支援制度。北海道への旅行費用や宿泊費を助成する。具体的には宿泊については最大50%、ツアー商品については最大70%を補助する。北海道への訪日旅行についても最大70%補助する。

西日本で発生した7月豪雨災害からの観光復興支援でも予算規模36億円で「平成30年7月豪雨観光支援事業費補助金」が創設され「13府県ふっこう周遊割」として、現在も継続されている。

会合の冒頭、北海道観光振興機構の堰八義博会長は観光へのダメージについて「9月末までに全道で114万9千人泊のキャンセルがあり、損失は356億円に上りました」と報告。「こうした中、ふっこう割の創設が観光復興の原動力となっています。賑わい創出に全力で取り組み、元気です北海道を発信していきます」と謝意を示した。

北海道を観光で盛り上げる会

北海道を観光で盛り上げることを誓った関係者

また、髙橋はるみ北海道知事は「地震後の全道停電で、観光に大きな影響が出ました」と地震以上に停電の影響が大きかったとの見方を示した上で「今回の破格な支援に感謝いたします。観光復興のきっかけをいただき、その後は自助努力だと思っています。受け入れ態勢のレベルアップに力を入れ、観光立国の中で北海道の役割を果たしていくことで恩返ししたい」と前を向いた。

日本旅館協会の浜野浩二副会長(定山渓温泉・定山渓グランドホテル瑞苑)は、政府の予算措置に「旅館を代表してお礼を申しあげます」と謝意を述べ「北海道にとって9、10月というオンシーズンの大事な2カ月を失いました。11月から5月は長いオフの時期です」と話し、オフ期のツアー造成に期待を示した。

(トラベルニュースat 18年11月10日号)

(次の記事)北海道を盛り上げよう 官民代表で復興支援を決意(2) 国交相らが意気込み

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ