楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光復興の狼煙あげる 全旅連青年部22年度総会(2) 自民党観議連・細田会長も苦境に理解

「膨大な債務への対応に知恵絞る」

総会には来賓として自民党観光産業議員連盟の幹部5人が出席した。

細田博之会長は「議連メンバーとして37年間活動していますが、今が一番大変な時だと認識しています。雇調金特例措置、政府系特例融資、地域再生補助金の創設と議連と政府一体で様々な策を講じてきましたが、この2年で宿泊事業者の債務が膨らんでいることは承知しています。この重荷は経営責任ではなくコロナ禍が要因です。膨大な債務についての対応にも知恵を絞りたい」と観光産業が置かれている状況に理解を示した。

自民党・観議連の細田会長

自民党・観議連の細田会長

岩屋毅・議連幹事長は「Go Toトラベルとインバウンドを1日も早く再開し、成長産業の観光を再生させていきたいと思っています。安心安全、多様性、気候変動、世界平和にきちんと向き合う新しい日本の観光を作りあげていきましょう」と呼びかけた。

岩屋毅・議連幹事長

岩屋・議連幹事長

(トラベルニュースat 2022年4月25日号)

(前の記事)観光復興の狼煙あげる 全旅連青年部22年度総会(1) 宿の日(8月10日)に各地で花火

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ