楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「グレーター西日本」の実現 関西、瀬戸内、四国、山陰4DMO連携(2) “日本初”の連携が目指す姿とは

関西観光本部・東井芳隆さんに聞く

日本初の広域連携DMOの連携協定について話を伺おうと、大阪・中之島の事務所に関西観光本部の代表理事と専務理事を兼ねる東井芳隆さんを訪ねた。

満面の笑みで迎えてくれた東井さんは、開口一番「旅行者目線」を強調した。「西日本には関西国際空港、山陽新幹線、そして瀬戸内海があります。これを生かさない手はない」。世界へつながる玄関口の関空があり、西日本エリアの拠点を結ぶ新幹線、世界に誇る景観と旅客航路を有する瀬戸内海―この3つは移動の利便性を担保するインフラとして機能するとともに、西日本の魅力的な観光コンテンツでもある。

関西観光本部・東井芳隆さん

関西観光本部・東井芳隆さん

その前提に立って、連携のための連携はやめよう、訪日観光客のメリットをつくるために何ができるか、何をするのかをDMO連携に向けて詰めてきたと東井さん。

政治経済の拠点は東京だが、大阪・関西万博を控えた今、観光立国をけん引し拠点となるのが関西であり、西日本であるとの自負を持つ。西日本全域を包含する広域連携で「国際的なデスティネーションとしての条件がそろう」と東井さんは強調した。

(トラベルニュースat 2023年5月25日号)

(次の記事)「グレーター西日本」の実現 関西、瀬戸内、四国、山陰4DMO連携(3) 「万博は通過点」
(前の記事)「グレーター西日本」の実現 関西、瀬戸内、四国、山陰4DMO連携(1) 関空からのインバウンド促進

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ