楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

投資と返済-スピーディーと多角的な視点

梅雨時期に入ると、観光地も全体的には閑散期を迎えます。土日祝日は予約が詰まっても平日はガラガラ…という旅館ホテルも多いのではないでしょうか。この状態にこちら側が慣れてしまってはいけません。閑散期でさえもお客様が集まるような場所にするためには、「売り」になる何かを見つけなければいけません。

全国にある湯快リゾートなどは原価率などを厳しい目で管理しているようですが、そういう中でもパフォーマンスをもって人を呼び寄せていると感じます。

先日お邪魔したところでもマグロの解体ショーをしておりました。通常よく各地でするようなものよりかなり小ぶりなマグロを使っていましたが、それでも威勢のよい掛け声や派手なパフォーマンスにお客様もとても喜んでいらっしゃいました。お客さんが喜ぶポイントをしっかりとつかんでいるように思います。

いつもしていることであっても、少し工夫をするだけで効果が上がるサービスなどはたくさんあると思います。それを従業員一人ひとりが考えていきましょう…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2018年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ