楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

目標数字-料理でクレーム対応?

5月の大型連休が嵐のように過ぎ去り、一気に落ち着いた温泉街へと変わりました。最大10連休と長いお休みを利用して海外へ出かける人も多かったと思いますが、有馬温泉もたくさんの観光客であふれかえっておりました。旅館ホテルはどこも大忙しだったことでしょう。新元号「令和」へ代わり、勢いのつくスタートを切ることができました。

ただ、迎える側が大きな策を立てなくてもお客様が集まってきてくれる連休と異なり、今はどうでしょうか。どこもなかなか増えてこない予約をなんとか増やそうと考えあぐねているのではないでしょうか。

経営を続けていく中では過去を振り返り反省していくことが大切です。

オーナーも従業員も常に対前年比を意識し、売り上げ目標を明確に持ってください。数字ではっきりと答えが出る目標はもっとも意識しやすい目印になります。前年と比べてどうなのか、前月と比べるとどうなのかを考え、足りなかった部分を把握しお客様が集まってくださる目をひくサービスやプランを従業員全員が考察していってください。なんとなくがんばるよりも目標を意識した上で出した結果の方が、より意味があるものです…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年5月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ