楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

人の地産地消 厨房もリニューアル必要

涼しい夏の始まりでしたが、後半は本当に暑い日本列島でした。

台風も横断しましたが、皆様の地域は被害はございませんでしたか。台風によってキャンセルが相次いだ地域もあったようですが、急なキャンセルは人件費・食材原価に大きく関わってきます。

見込んでいた客数が激変し大幅に余ってしまった食材を、どのように処理しているでしょうか。うまく次の予約にまわしきることができればよいのですが、料理長もきちんと対処せず、まかないに使っていたり、あげくに廃棄してしまってはいないでしょうか。このようなイレギュラーな時には、オーナーも料理長にその経過や原価率をしっかりと提出させ、現状把握をしてください。

この暑さで人の動きも少し鈍くなっているような温泉街ですが、食欲・味覚の秋に向けて集客に努めなければなりません。季節ごとのイベントを催して顧客の方に来ていただいたり、その地ならではの利点を生かしたプランを打ち立て、県外からのお客様も呼び込まなければいけません。インバウンドに頼るホテルも多いかと思いますが、やはり定期的に来てくださる国内の顧客をしっかりとつかんでいくことも必要です…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2019年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ