楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナとともに 「ほんまもん」は不変

まだまだコロナは猛威を振るい、気分がすっきりと晴れることのない日々が続いています。いったいいつまで続くのかと嘆いておられる経営者、料理人の方も大勢います。ワクチンがすべての人に行きわたったとしても、この先コロナとともに生きていかなければなりません。

ソーシャルディスタンスを保ち、できるだけ接触を避け、密にならない環境をつくっていくという動きはどの業界でも同じですが、おもてなしの精神が重要な我々サービス業、ホテルや飲食店では一層難しい課題です。それでも売上を上げ、従業員にはお給料を支払っていかなければなりません。このような状況下でもできることを考え、動いていかなければいけないのです。

もうすでに取り組まれているところもたくさんありますが、移動販売や通信販売なども良いですね。店を構え、お客様に来ていただいてこその店舗や旅館ホテルですが、来ていただけないのであれば、こちらから自身の味を届けることはできます。これまでに売りにしてきた自分の味は、きっとお客様のおなかも心も満たすことができるのではないでしょうか。

オーナーはこの時期、リニューアルや改築にお金を使ってしまいがちですが、「プラスになる仕事」も必要です。お客様が少ないこの時期に、新しい商品の開発をするのも良いと思います。

これまではコンサルタントの意見に頼ってしまいがちだった旅館なども、従業員一人ひとりの意見を集約することで、新しい何かを生み出すことができるのではないでしょうか。

仕事も生活も不自由を感じる日々を過ごす今、求められているのは何でも「ほんまもん」だと思うのです。私も今、小さなお子様に本当の日本料理を知ってもらえるような料理教室を開いております…

(大田忠道=料理人集団「天地の会」代表)

(トラベルニュースat 2021年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ