楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オールインクルーシブの魅力 小樽旅亭蔵群

久しぶりに北海道へ行った。千歳で仕事をし、小樽まで足を伸ばした。もう何年前になろうか。石原裕次郎記念館に行きたくて、駅に到着してタクシーで直行した記憶がある。すでに閉館して2年が過ぎ、建物は取り壊されて更地になっているという。

運河のまちである小樽は、洋館建ての建物が点在し、異国情緒あふれるまちである。無料で入館できる旧・日本銀行は、重い扉や高い天井など当時の面影を残し、分厚い扉の金庫に入って1億円の札束を抱える体験もした。無料にしては見応え、遊び応え十分であった。ランチに寿司を食べ、ガラス館やオルゴール館を見て歩き、運河まで出て記念撮影。2時間あまりの散策であったがまち歩きを堪能した。

今回の目的は小樽観光もさることながら、本命は宿であった。小樽市街から車で約20分の朝里川温泉にある「小樽旅亭 蔵群」に泊まることであった。オーナーが建築家と出会い、「心地よい宿」を求めて全国を泊まり歩き、何回も修正を重ねて創りあげたといい、丁寧に創り込まれたハードとソフト、そして、オールインクルーシブのシステムとの整合性を体感したかったのだ。

オールインクルーシブは、食事や飲料、アクティビティなど館内で消費するすべてのもの(一部有料の場合もある)が宿泊料金に含まれているというシステム。果たして、コストパフォーマンスはいかがなるものか。宿泊料金はこれまでの生涯で、もっとも高額の1泊3万8650円(税サ込み)なり。

宿は朝里川沿いに立地し、館名にあるように、蔵をイメージした建物を回廊で結ぶという形に建物を配置。石や木などをふんだんに用いてモダンな空間を創造している。なかでも開放部は床から3分の2程度の高さにし、歩いている姿は見えても顔が見えないような造りである…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ