楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本で2軒目のブランド フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波

7月1日、大阪市浪速区に「フェアフィールド・バイ・マリオット大阪難波」が開業した。世界的なホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルが展開するホテルブランドで、札幌に次いで2軒目。

「フェアフィールド」は、マリオット・インターナショナル創業者のジョン・ウイラード・マリオットと妻アリスがバージニア州に所有していたフェアフィールド農園にちなんで名付けた。同農園でマリオット夫妻が友人や大切な人を素朴ながら温かくもてなしたというホスピタリティを受け継ぎ、ブランドテーマは「Beauty of Simplicity(シンプルであることの美しさ)」に設定。ホテルは世界に1千軒以上展開されている。

ホテルは大阪・ミナミの主要ターミナルであるJR・南海、大阪メトロ難波駅から徒歩5分と交通至便な場所に立地。

敷地面積約1669平方メートル、地上14階建て、延床面積約1万979平方メートル。客室はスタンダードツイン96室、スタンダードキング88室、スーペリアキング60室、スーペリアツイン55室、ユニバーサルツイン1室の計300室。レストラン「アリス・テーブル」(102席、個室2室)、フィットネスセンター、コインランドリー、売店「The Market」という宿泊特化型ホテルだ。

客室はユニバーサルツインの広さ約27平方メートルを除き、全室約21平方メートルで統一。バスタブはなくレインシャワー付きのシャワーブースとトイレ、ベーシンが分離独立し使い勝手のよい構造になっている。とりわけベーシンはベッドルームに面して配置しスライド式のドアで仕切ることができる。手洗い、洗面、ポットの水入れなど、わざわざバスルームにいかなくてもよく、とにかく便利。また基本的にバスタブがない分、部屋を広く使えるのだが、壁面を活用し洋服掛けやバゲージラックを設けるほか、冷蔵庫や金庫、アイロンやアイロン台なども壁側に上手に収納し、さらに広く使いやすく設計されている…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2020年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ