楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊客専用ラウンジ 施設の有効利用と付加価値を高める

新型コロナも「アフターコロナ」までの道のりはまだまだ先のようで、「ウイズコロナ」の時期に入ってきたようだ。まん延防止重点措置が解除され、京阪神の街はいつも同じ賑わいを取り戻しつつある。とはいえ、まだまだ扉を閉じているお店も多いことだが…。

ホテルも少しずつ動きだしている。とりわけ京阪神地区は2022―25年あたりでの新規開業が相次いでいる。毎日どこかで開業しているような状況だ。

新規開業となれば、気になるのが既存ホテル。どうしても新たなホテルの新規性や斬新性、利便性にかなわない。まさにホテルサービスは日進月歩である。

そこで、既存ホテルにおいて特徴的な動きといえるのが「宿泊客専用ラウンジ」である。多くが既存の飲食施設スペースを改装し、施設の有効利用と付加価値を高めるという両面での効果をにらんでいるようだ。

京都駅ビル内にある「ホテルグランヴィア京都」は、既存ラウンジをもっともロケーションの良いホテル15階のレストラン跡地に移転。約2・5倍の広さに拡張し、新生「グランヴィアラウンジ」として昨年10月1日にオープンした。ラウンジの扉には伝統の絹織物を2枚のガラスにはめ込み、ぼかし染の濃淡が特別な空間への期待感を募らせる。そして扉が開くと古都の町並みが眼前に広がるというニクイ演出なのである。

加えて、佐藤伸二総支配人が元総料理長ということもあり、「飲む」「食べる」への力の入れ方は並々ではない。目の前でシェフが焼き上げる卵料理をはじめとする朝食、パティシェによるアフタヌーンティースイーツ、カクテルアワーのオードブルなど、総料理長監修のメニューを提供する。「飲む」はチーフバーテンダーが監修。バーテンダーが本格的カクテルを作り、シャンパンやワインなどの専用ディスペンサーを設置し、セルフサービスで楽しめる。そしてサービス面ではコンシェルジュが常駐と、言うことなし、である。

同日、大阪市の「帝国ホテル大阪」も新宿泊者ラウンジ「インぺリアフロア ラウンジ」をオープン。ホテル23階にあった飲食施設に一部手を入れて、高級客室の宿泊客専用ラウンジとした。ロケーションは抜群で、プレートメニューをはじめ、生ビールやワインなど豊富なドリンクを無料で提供する。600誌以上の電子雑誌を読める専用タブレットも用意している。

これに先立ち、昨年7月に海に面したレストラン跡地に「エグゼクティブラウンジ」を設置したのが「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2022年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ