楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

進化を続け開業30周年 神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ

兵庫県洲本市のホテルニューアワジが運営する神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ(神戸市東灘区、268室)が6月25日に開業30周年を迎えた。世界的なホテルチェーンブランドのホテルは、3代目の運営会社となるホテルニューアワジの力により地域密着型ホテルとして着実に進化している。

同社が運営を引き継いだのが2011年12月。この11年間で、施設の新設・改装を進め、世界の「シェラトン」に「ニューアワジ」が提供する「ホスピタリティ」を浸透させていった。

13年にホテル6階に露天風呂付き客室を整備し、翌年には、隣接するシェラトンスクエアに温浴施設「神戸六甲温泉『濱泉(はまいずみ)』」を新設オープン。ホテルの敷地内で温泉掘削し、見事に湧出に成功した。18年には「スパリビング」を設け、高級旅館並みのグレードの温浴施設となった。宿泊客はもちろん一般客も利用できる。

また、シェラトンスクエアの2階に13年、「シェラトンマルシェ」をオープン。食の宝庫「淡路島」をはじめ、地元の生産者から直接届く新鮮な野菜やフルーツ、地元食材をふんだんに使用した加工食品などを販売している。ホテルメイドのパンやスイーツなども取り揃えているほか、カフェを併設し新鮮なサラダやパン、スープが手ごろな価格で楽しめる。

そして20年1月には同1階に「シェラトンドッグ」を開設、米国・シーリー社製のドッグベッド付きペットホテルで全21室が備わる。グルーミング(トリミング)専用のドッグトレーナーがトレーニングを行う「犬の幼稚園」などのサービスとペットのグッズ類の販売も行う複合施設でもある。

宿泊料金はスタンダード(小型・中型犬対応)が1泊8千円(税別)から。グルーミングはシャンプーコースが3500円(同)、「犬の幼稚園」は平日1日コースが1カ月2万5千円(同)から。

昨年3月には、ホテル北側にある商業施設の屋上に農園「六甲アイランド・シェラトンファーム」をオープンした…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2022年7月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ