楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

盛り上がるアートイベント W大阪

4月15日、大阪市中央区のラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W大阪」(337室)で、ライブペインティングイベントが開催された。フランス人アーティスト、ルーカス・ビューフォー氏を招き、その場で描いた作品をその場で“To Go(持ち帰り)”できるという超レアでライブ感のあるイベント。

ビューフォート氏は画家やイラストレーター、映画製作者、写真家などとして活躍。作品は同氏の変わらぬ2つの情熱であるストリートアートとスケートボードカルチャーと密接に関わっている。それがWブランドの持つパッションポイントの「Scene(シーン)」と重なることから、世界中のWホテルとのコラボレーションを実現してきたもので、大阪は今回が初めて。

ホテル3階のソーシャルハブ「LIVING ROOM」を会場に、店内に設えた40枚のパネルをキャンパスにして絵を描く。ゲストはシャンパンを片手にホテル特製のカナッペをつまみながら制作過程を楽しむ。ビューフォート氏自身も時折、グラスを片手にゲストたちの間を回り、交流する。すべては作品なのである。イベントは16―20時と長時間にわたるものの楽しい時間はまたたくまに過ぎ、いつのまにか作品は完成。40枚のキャンパスにはあらかじめ1―40の数字を打たれており、ゲストには数字の紙が配られている。数字はランダムで、どのゲストにどの作品が手渡されるのか最後までわからないという仕掛けもあり、最後まで盛り上がった。

料金はキャンバス付きシートが1人3万2千円(シャンパンフリーフロー、カナッペ付き)、スタンディングが同9800円(同)、スチューデント(高校生、大学生)が同3900円(同)。

ホテルは昨年3月16日開業。黒い外観に「W」の文字がカッコいい。北から南へ御堂筋を車で移動する際、目に入る。わかりやすいし印象的だ。

御堂筋側のエントランスから入ると、LEDで覆われた日本の切り紙や切子をモチーフにしたアライバルトンネルがある。季節などによって色が変化し、春はピンク。インスタには欠かせないスポットである。

飲食施設は「LIVING ROOM」をはじめ、ニューブラッセリ―「Oh.lala…」、グラマラスの森田恭道氏が内装デザインを、黒田征太郎氏がアートパネルを担当した「鉄板焼きMYDO」は、粉もん、鉄板焼き、割烹が楽しめる。アート・ペストリー・バー「MIXUP(ミックスアップ)」は華やかでかわいい。アート作品のようなスイートが手ごろな価格で提供。御堂筋に面した路面店なので入りやすい。日曜日など若い女性の2人客の多いこと。

そして秘密のレストランがある。表立って店名を出していない…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2023年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ